駐車違反の反則金を・・・

初心者のための東京マラソン > 雑記的ないろいろ > 駐車違反の反則金を・・・

いやぁ、やっちゃいました・・・、駐車違反です。
この機会に、いろいろ調べたので自分用メモ。

今日は仕事でカレンダー配りに勤しんでいたのですが、「カレンダー置くだけなので4,5分くらい・・・」と油断したのが間違いでした(T T)

車に戻りふと前を見ると、見慣れない黄色いステッカーが!?
「駐車違反 速やかに移動してください」と書かれているじゃないですか~

時間的には5分くらいだったので、「警告ステッカーかな~」と、あまり深く考えずそのまま走り出してしまったのですが、これは甘いということが後で分かります。

どうやら昨今の駐車違反取り締まりは、メチャ厳しくなっているらしく、1分でも車から離れた状態で留めたら即駐車違反で取り締まれる決まりになっているのです。

いつの間にそんな非人間的な改正をしたのかと思って調べたら2006年、2年も前じゃん!

僕が勤めている会社は営業用の車はほとんどレンタカーなのですが、10分位して「ニッポンレンタカー駐車違反対応窓口」と名乗る人から電話がありました。っていうか、警察もレンタカー会社も対応早すぎ・・・

でレンタカー会社がいうには、
「警察から駐車違反と言うことで連絡が来ています。車を返却するまで(今日中)に警察に行って、青切符と反則金納付書をもらって来てください。そうでないと、返却時に割り増しで・・・」ということ。

自分が悪いので払うのはまぁ当然なのですが、今日中とはまた難しいことを・・・
と思ったのですが、仕方なく当該警察署に行くことにして。。。、とちょっとその前に一応いろいろ調べていこうかと思い、先日購入したミニノートPCを開いてみました。

インターネットをいつでも使えるのは素晴らしい(笑)

反則金と放置違反金

いつの間にか法律が変わってました。

昔は駐車違反の罰金といえば、青切符による反則金。
今はそれはもちろんのこと、車の所有者(車検証の使用者)に課せられる放置違反金もあるようです。

ちなみに反則金と放置違反金の違いは以下の通り。
通常、駐車違反で取り締まられた車の運転者は30日以内に担当する警察署に行って、青切符と反則金の納付書を切られてその後反則金を指定金融機関に振り込みます。

しかし、新システムになりある意味短時間でもお手軽に取り締まりができるようになった結果、「運転していたのは自分じゃない!」といってしらばっくれる人が増えたり・・・。そこで、これまでのように「運転者だけ責任を取らせる」のではなく「それがダメなら車の所有者に責任を取らせよう」というのが放置違反金です。

通常、自分の車の場合は運転者と所有者が一緒ですが、今回のようにレンタカーの場合、僕がしらばっくれるとレンタカー会社が放置違反金を取られる仕組みなのです。

なんて恐ろしい・・・
取りっぱぐれのないレンタカーはある意味、格好の標的ですね(汗)

点数について違いがあるのです

当初は、悪質な人がしらばっくれて逃げてしまい、レンタカー会社が謂われのない負担を強いられることもあったようなのですが、その対策としてレンタカー会社は違反のあった車両を返却する場合、反則金の納付書もしくは、保証金として反則金以上の金額を預かるシステムを取り入れました。

だから速攻でレンタカー会社に連絡が行ったんですね~

これなら万が一違反したユーザーがしらばっくれて放置違反金を払わなきゃ行けなくなっても大丈夫。
ユーザーとしてはどうせ取られるならサクッと反則金を払った方が良さそうにも見えます。

ですが・・・
実は反則金と放置違反金には点数の面で違いがあるのです。普通車を例に説明します。

反則金の場合、運転者は反則金(15,000円)+減点1点となります。
一方、放置違反金は車の所有者が放置違反金(15,000円)を払えばそれでおしまい。

つまり、違反に対する点数分、放置違反金の方が・・・

ってことは・・・
もし、これが自分の車だったら素直に警察署に出頭するよりも、放置違反金の支払い命令が来るまでのんびり待っていた方が・・・、とか思ったり思わなかったり(笑)

レンタカーの場合は?

レンタカーの場合は、そう旨くはいきません。
各社違うかもですが、僕が普段使っているニッポンレンタカーの場合、反則金を払わずに返却するには25,000円の保証金を預けなければなりません。

後日、反則金を支払えばこのお金は返してくれるのですが、万が一忘れたりしらばっくれたりして反則金を払わないと全額ニッポンレンタカーに納めることになります。

10,000円はレンタカー会社の迷惑料ってところでしょうか?
(実際、レンタカー会社は車に関して制限を付けられたりして迷惑します)

減点1点と10,000円どっちが高いのか・・・

で、結論は?

いや~、アレコレ調べてたら深みにはまってしまいました。
しかし、捕まった腹いせではないですが、こうまでシステマチックだと交通安全が目的なのか反則金が目的なのか分からなくなりますね~

実際、僕が停めてたのも割と広い車通りの少ない道だったり。。。
(だからといって悪くないと言うつもりはないんですが、不満といえばそうですねw)

結局僕がどうしたのかというと、今日中に警察に行って手続きをするのは時間的に無理なので、しかたなくレンタカー会社に25,000円預けてきました(T T)

これからどうするのかは30日あるのでゆっくり考えます(笑)

前後の記事

同じカテゴリーの記事

コメント(3)

おやおや!駐禁切られましたか~
私も11月に目黒通りのコンビニでトイレを借りコーヒーを買って出てきたら
フロントガラスに貼られてましたよ!その間3分!

問い合わせ先に電話すると婦人警官が出て事情を説明
運転中にトイレにも行けない法律作りやがってふざけるなこの野郎~
日本人辞めてやるぞグタグタと!

電話先の婦人警官は、すみませんと謝ってばかり
でっちなみに車の所有者は何方様ですか?と聞かれ仕事中だから会社の車だ!
と言ったら では出頭しないでくだっさい!当事者不明と言うことで
会社の方に反則金の書類が郵送されるので その時に反則金を払って下さい
そうすれば点数の減点はされませんのでよろしくお願いします。

あぁぁぁ~ぁ!世の中間違っとるよ~また思い出して頭にキノコ状態ですw

ホント、バカな法律つくるな~
って思いますよね。

トイレにも行けないなんて、どんな国なんでしょうね、ここは!

僕もレンタカーなので、余計なお金を取られますが、自分の車だったら放置プレイが良いのではないかと・・・(笑)

警察ボコボコにしたれよ

コメントする