佃島散歩♪

初心者のための東京マラソン > マラニック コースレポート > 佃島散歩♪

東京マラソンのコースでは残すところあと5km!
最後の難関と言われる佃大橋を超えたところにあるのが佃島です。

東京マラソン本番では佃大橋の高架を走るので佃島の街並みを堪能することはできないのですが、数十年前にタイムスリップしたかのような佃島の風景はお散歩的には最高♪

本番で通りすぎる際に思いを馳せられるように、佃島界隈を徒歩で散歩してきました~。いえいえ散歩ではなくこれもトレーニングの一環ですよ(笑)

佃島の歴史

佃島はかつての隅田川の河口にあたる場所にあった自然の寄州で、もともとは現在の佃一丁目辺りの大きさでしたが、じょじょに埋め立てられて現在の形になっています。(佃の南側にある月島も明治時代にできた埋め立て地で、築島→月島となったといわれています)

佃島の名前は、江戸時代初期に徳川家康が招いて住まわせた摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区佃町)の漁師が故郷の名前にちなんでつけたものといわれています。

現在まで残っている住吉神社はこの時に移住した漁師が住吉社(現在の田蓑神社)の分霊を勧請して創建したものです。

1853年には江戸幕府により石川島造船所が操業されましたが、現在、その跡地は高層マンション群「大川端リバーシティ21」となり、政府高官、芸能人、スポーツ選手、実業家が多く在住しているそうです。

→中央区の資料で見ると当時の様子がよく分かります

佃島を散歩しよう♪

そんな佃島の現在は、戦火を免れたおかげで数多く残る古い街並みと、リバーシティ21の超高層ビルという新旧二つの風景を見ることができる不思議な街となっています。

では、魅力あふれる佃島をのんびり見ながら散歩していきましょう。

旅のスタートは地下鉄門前仲町駅。

清洲通りを南へ向かうと程なく相生橋が見えてきます。その相生橋の途中にある小さな島が中の島。

中の島は越中島と新佃島を結ぶ相生橋が掛けられた際に中継地点となった島で、昭和初期には隅田川唯一の水上公園として大変賑わった場所だそうです。現在も小さな公園として整備されており、潮の満ち引きによって水位が変わる感潮池があったりとなかなか面白い公園です。

相生橋を渡ると目の前にリバーシティ21の超高層ビルが!

ビル群を取り囲むように海沿いに遊歩道が整備されています。

デッキ側へ降りると隅田川の流れを間近に見ながら歩くことができます。

そのまま海沿いを歩いていくと佃公園。公園内の高台には石川島灯台跡のモニュメントがあります。

モニュメントの下部は公衆トイレ、内部は倉庫になってるみたい

かつての石川島と佃島を結んでいる住吉小橋。下を流れているのはかつての佃川です。

住吉小橋を渡ってすぐのところに大きな鳥居があり、それをくぐっていくと住吉神社。

1646年に創建された佃島の鎮守で、3年に1度開かれる大祭が有名です

住吉神社の境内には、東京鰹節類卸商業協同組合によって建立された「鰹塚」と書かれた碑があったりもします。

今でも古い木造の家屋がたくさん起こされていて、数十年前に戻ったかのような錯覚に陥りそう!

建物の間はこんな風に狭い裏路地~
探検したい欲求をくすぐる街です。

佃島の古い街並みと大川端リバーシティ21のコントラストを佃小橋から眺めてみる。

かつて佃島が「島」であった頃はこの佃小橋で、隣の埋め立て地である新佃島と繋がっていました。

佃小橋を渡り右手に広がる佃堀広場の方へ進むと赤い文字が印象的な稲荷神社がありました。

そして稲荷神社の向かい側に気になる看板が・・・

佃天台地蔵尊→と書かれているのですが、矢印の先はどう見ても人の家の軒下なのです!?

これホントに入っていいのか?と自問自答しながら進んでいくと・・・

民家と民家の凄く狭い隙間に「佃天台地蔵尊」がありました。
こんな奥まったところにあるのに凄くキレイに管理されていて、地元の人々に大事にされている様子がうかがえます。

写真中央にあるのは、イチョウの大木~

再び元の佃島である佃1丁目へもどります。古い街並みの向こうに大川端リバーシティ21が見えますよ~

町内の所々に手動式の井戸があったりします。これって自由に動かしてみても良いのかな?

昔懐かしの駄菓子屋には、いまでも近所の子供達が集まっていました。

東京マラソンのコースとなっている佃大橋のある場所には、かつて渡し船があり1日に70往復もしていたそうです。写真は渡し船の跡にある「佃島渡船跡」の碑

佃といえば佃煮!
もともと佃煮は佃島の漁師達が舟で食事をする時の保存食として考案したものなのです

現在でもこの付近には数件の佃煮店があります。
↑の写真は1837年創業の老舗佃煮屋「天安」ですが、この他、「丸久」「佃源・田中屋」の3店が有名です。

最後は、東京マラソンのコースとなる佃大橋を渡って地下鉄築地駅へ。
マラソン本番ではこんな感じで佃島を見ることになるのですが、35km過ぎに果たしてこれらの風景を思い出す余裕があるかどうかは微妙(笑)

いや~、楽しかった!
この他にも楽しげな風景がたくさんあり書ききれなかったので、近くにお越しの際にはお散歩してみてくださいませ♪

前後の記事

同じカテゴリーの記事

コメント(4)

本番前に、こんな楽しみ方があるのですね~!
佃煮の語源がここにあるだなんて、
記事を読んで、初めて知りました★★★

今月も残り1週間!
走りこみがんばりましょうね~♪

>yayoiさん
走る際に、「あ、この辺に●●があるんだ!」とか考えたりすると楽しいかなぁって思うんです♪

スピードを求めるのもカッコイイけど、もうちょっとスローに楽しむのも良いかなぁというわけで、また、コース上のネタを散歩してきますね(笑)

何回か走りました。丸久の佃煮は絶品です!とくに「アミ」はうまい!ご飯が進みますよ~

>martyさん
おぉ、martyさんも走ったことが!って自転車かな(笑)
今回はその後用事があったので佃煮を購入できなかったのですが、次回行った際にはオススメ品を調達してきます♪

コメントする