Garmin Forerunner405を激安で買う方法

初心者のための東京マラソン > ウェア・シューズ&小物 > Garmin Forerunner405を激安で買う方法

僕はランニングの距離・タイムの計測用にGH-625Mという腕時計型のGPSを使っています。

GPSはホント便利!
タイムも距離も正確だし、初めて走るコースでもリアルタイムで距離を知ることができます。また、ハーフやフルマラソンの大会時にも「今」の距離をいつでも知ることが出来るので、メンタル面でとても楽なのです。

そんな便利な腕時計型GPSの中でも決定版といえるのがGARMINのForerunner405です。

僕のGH-625Mもそうですが、GPS腕時計ってゴツイんですよ(笑)
でも、GARMIN Forerunner405は重さ60gで普通の腕時計とそれほど変わりません。

また、信号などで立ち止まった際に自動的にタイム計測を止めるポーズ機能や、ラップタイムの自動計測機能、距離とペースを設定することで利用できるバーチャルトレーナー機能などランナー的に便利な機能が満載。

ではなぜ、僕はGARMINではなく、GH-625Mを選択したのかというと・・・

ひとえに「安かった」からです(笑)
だって、日本国内で買ったら日本語版のForeAthlete405だと5万以上しますから~

それに比べてGH-625Mは2万円強。
これは激安。

海外通販ならGarmin Forerunner405が激安だった!

しかし、世の中はグローバルであり、世界に目を向けるとさらに安い価格でGarmin Forerunner405が販売されていたのです!

このWiggleという海外通販は自転車乗りには有名なお店で、イギリスのNo.1自転車通販。もともと、この手のアイテムは海外の方が安い上、このところの円高傾向でお買い得度が高まっています。

こりゃぁ、お買い得だよ・・・

んで、海外通販ということで僕のような「英語がさっぱり分からない」子は躊躇してしまいがちなのですが、このWiggleは日本語版のサイトまで用意しているのです。しかも7~8000円くらい購入すれば送料まで無料!

wiggleの海外通販の日本語化&通販の利用方法

↑こちらの記事にわかりやすくまとめてみたので良かったら参考にしてください♪

英語版と日本語版の違いは?

ところで、国内で一般的に販売されているのは日本語版、海外通販で買えるのは英語版です。それぞれ違いはあるのかが気になるところですよね~。

違いは以下の通り

  • 本体で表示されるメニューは全て英語です。
  • マニュアル類も英語です
  • それ以外の機能は全て同じ
  • 日本語内は国内でサポートを受けられますが、英語版は海外が相手なのでいざというときには少々困ります

ということで、主な違いはメニュー及びマニュアルが日本語じゃないことですね~
メニューはどうしようもないのですが、マニュアルについては、こちらのサイト等で詳細な使い方が紹介されているので問題ないかと思います。

あとはサポートですね~
おそらくトラブル時には英語でやりとりとかになるだろうから、ほとんどノーサーポートと考えるべきかな・・・

そこら辺のリスクと価格差を考えて判断するのがよいかと思います~

前後の記事

同じカテゴリーの記事

コメント(5)

GH-625M重宝しています^^。
長時間はバッテリー切れますけど。6~7時間で先日は自転車乗っていてバッテリーが切れてしまったです。たまにしかそこまで動いてることもないので工夫すればストレス減ることですけど。

いま、事故って自転車を修理見積中なので、もしかしたらまた短期間ですが、ジョギングするかもしれません。・・・膝ダメだろうからシティーサイクルかな^^;。

> 山谷ジョガーさん
自転車で1日ツーリングに出かけると、ちょっと足りないんですよね。ランニングの場合6時間も走らないので良いのですが・・・

って、事故。
もしかして、こないだ購入した新車ですか!?

事故ったのは6月に購入したプレスポです。機能的に問題ないのですが、バーエンドバーやサドルなんかが擦り傷ついて交換することになりました。

ロードバイクはまだ納車が先ですので。

inaさん
わたしは普通のナイキの時計を使ってますし、距離はGoogleマップで計ってます・・・・。
でも これがあるとそんなことしなくて良いのですね。
とっても 欲しいです。

サンタが持ってきてくれないかな・・・。

>山谷ジョガーさん
おぉ、新車の方じゃなくて良かった!

>はっちゃんさん
GPSはですね~、一度使ったら便利さに手放せなくなっちゃいますよ(笑)

サンタさんにお願いするしかないですね!

コメントする